ガジュマルの樹

旧市街に行くと大概通る Hang Gai通り。
この通りにあるお寺の前に大きなガジュマルの樹があります。
いつもは気にも留めず素通りしてましたが、先日通った時にたまたま門扉が開いていました。
入って良いのかな?と思いながら、おばさんが居たので「入って良い?」と聞いたら(友達が・・^^;)
「いいよ」(多分)と言ってくれたので入ってみました。
奥の方までは入らなかったのでよく分かりませんでしたが、仏像?の周りは赤色&金色で装飾され
祀られていました。
そして何と大きいガジュマルの樹。
外から見ても大きいのは想像できましたが、中に入ってみるとそれ以上の大きさにビックリ。
しばし口を開けて眺めてました。 今思えば恥ずかしい(>_<) 
d0252505_14222654.jpg

大きくて全体像が納まりきれませんでした。
門扉の隣の壁を突き破って外側にも出てます。
私が両手を広げてみても(約170cm)直径はそれ以上ある感じ。
たくさんの気根も出ていて、その様は何とも言えず別世界に吸い込まれるような不思議な感じで
ずっと見ていても飽きない気がしました。
外に出て上を見上げると、その枝は道路向かいの建物までにも届きそうな勢い。
樹齢何年位なのか?何十年?いや、百年単位かな?なんて考えながら、ハノイのいろんな歴史を
見て来た樹なんだろうなと思いました。

ガジュマルは別名、多幸の樹と呼ばれ、幸福をもたらす精霊が住む木とされているそうです。
私にも幸福をもたらしてくれるかしら^^
[PR]

by kon_piro | 2011-08-29 14:45 | ハノイ生活 | Comments(0)