爪楊枝売りの学生

いつだったか、ソフィテルプラザ近くのバス停で降りて歩いてた時の事。
「Excuse me!」との声が聞こえ"私??"と思い振り向いたらヘルメットを被った女の子が
笑顔で近寄って来ました。学生かな?って感じの子。

女の子「Are you Japanese?」 私「Yes..(何だろ??)」
そしたら「O~ ありがと、こんにちは、さようなら ^^」と知ってる日本語を並べたて・・ますます「。。???」
「Nice to meet you!」と右手を出してきたので「・・・Nice to meet you,too・・(-.-?)」と握手をし。。
これから本題・・
何やら、貧しいベトナムの子供達に寄付して欲しい・・らしい事の内容でした。
Bach Khoa大学の学生証を見せ、ベトナム人が書いたらしき説明書を見せられました。
で、爪楊枝を買って下さいと。
寄付した人の名前がノートに記載されており、その金額は100,000ドン~500,000ドン位でした。

が、その日私は買物する予定もなかったので 所持金は雨が降った時の為のタクシー代100,000ドン
バス代のおつり7,000ドンのみ^_^;
「私、お金持ってないのよね~~」「いくらでもいいんです!」って言われても・・・困った。
ポケットに入ってた7,000ドンを見せ「これだけ!」と言ったら「・・・little money(-.-)・・」だって<`ヘ´>
それを寄付するんだと思った彼女は握りしめ、離さない。
「これ、バス代なの。これがないと帰れない!」と言ったものの、離さない。
最後は英語にベトナム語混じりで、やっと返してもらった=3
帰りは淋しそうな顔してたけど・・・

お金を持ってれば寄付しても良かったんだけど、でも。。
赤十字も関与してるのか、その説明もあったけど 果たしてホントなのか?どうなのか?
貧しい子達、孤児はいっぱい居るので寄付したお金が本当にその子達の為に使われるっていう
保障があればいいんだけど。

たかが100,000ドン、されど100,000ドン。
こういう学生と会った事ある人いるかな?
[PR]

by kon_piro | 2012-03-27 00:28 | ハノイ生活 | Comments(4)

Commented at 2012-03-27 00:47
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by aaaaacco at 2012-03-27 14:14
私も何度かありますよー
確かに最初は???て思いましたが、お金持ってるときは寄付するようにしてました。
会社にも直接障害者の人が来たことあって、その時は箱入りのペンでした。
社員の子が「ベトナムの寄付はこういう形なんです」って言ってたのでそれを信じて・・・
でももう少し、証明書のような、保障のあるものがあればいいですよね。外国人にも協力してほしいなら、英語版とか。
Commented by stella cadente at 2012-03-28 00:09 x
チュックバツク湖畔をソフィテルに向けて歩いている時に、バイクの後ろから降りてきた女の子に声かけられましたー!
私も、日本人ですか?って聞かれて、なんか警戒しちゃって。
急いでたし、話を聞く前に立ち去ったけど…
同じコだったのかなぁ〜?
Commented by kon_piro at 2012-03-29 21:44
鍵コメ さん
そうなんだよね。ハノイに限らず、どこでもそういう事はあるんだろうけど。
こんな学生が、まさか?・・と疑いたくないけど、もしかしたらバックに誰か・・なんて。難しいよね。お金を出すのは簡単だけど。。

aaaaacco さん
そうなんですね。
その説明書も日本語&英語では書いてあったんですけどね、手書きの怪しい感じのが。
疑ったらキリがないですけど、何でも有りのこの国では疑いが先に立ち・・後は自分の気持ち次第かな。

stella cadente ちゃん
やっぱ、同じようなとこに居るみたいね。外国人目当てなんだろうな。
同じ子?でも一人でってことはないだろうからな。
結局、話聞かなきゃよかったのかなとか思っちゃった。