TAX FREE

日本で最初に行ったお店は"ユ◯クロ"(笑)
ハノイで着るには値段も手頃だし、品質も良いし、これで十分!
高い洋服をハノイで着るには、勿体ない。。。私には。
ま、日本にいても大して変わらないけど。

で、いろいろ物色し数点持ってレジへ。そこで目に入った"TAX FREE"の文字。
確か、海外在住の日本人にも適用なるはず。。。と思い、きいてみたらOK。

パスポートの提示が必要。10,000円以上の購入。
で、何点か条件を満たす必要があります。

* 2年以上海外に滞在する者   
これって何で判断出来るんだろう?自己申告?出国印?
私は2年のレジデンスカードも提示したけど、それで2年以上海外在住とは判断できないよね。
何で判断したか分からないけど、クリア。

* 6ヶ月以内に日本入国した者。
パスポートの入国印を確認してクリア。

* 購入後30日以内に輸出(出国?)する事。
自己申告してクリア。。。? ま、書類を提出する際に作成日付から30日過ぎてれば適用ならず、徴収されるだろうけど。
これを、誓約する旨サインします。


手続きには、何も面倒な事はなかったです。
免税店になったばかりで、そちらのスタッフの方が手間取っていましたが。。。( ̄▽ ̄)
それも、二人掛かりで。。。
「ベトナムですか?!良いですよね~今一番行きたいんです!こんにちは って、シンチャオ!ですよね?(*'▽')」とか、熱く語っておりましたが。
「そうですね〜旅行には良いと思いますよ~(^-^)」とだけ、言っときました(笑)


で、やっと書類作成して。。。見ると大した書類じゃない(笑)
その書類と、レシート控えをパスポートに貼って割り印して終わり。
そこで消費税は免除された金額で支払います。
「この後、私がしなければいけない事ありますか?」と聞いたら「何もないです!」と言う事でしたが。。。
まず、パスポートに貼られた書類を空港税関に当然提出しなければいけないです。
不安な事もあったので調べましたが、購入した物の包装、梱包の封を切ってはいけない様です。
私、開けちゃったけど( ̄▽ ̄) 


そして、出国の日。
私は、書類提出をすーっかり忘れて出国してしまいました( ゚Д゚)
どうしよ~~~と思い、通りすがりの空港職員の方に聞いたら
「イミグレーション脇に税関の受付ありますから、聞いてみて下さいね」と言われ、恐る恐る行って話したら
「あ~ここで受け取りますね〜」と書類を外し、何の確認もなく終了。。。なんと簡単。
ま、チェックイン時に荷物は預けるし書類と物品のチェックも出来ないけどね。
と言う事は、封を切っても分からない。。。って事よね?でも、そこは自己責任で。
チェックされて不備がある場合は消費税は徴収されると思います。

でも、8%免除は大きいですよね!
適用される物も食品とかも追加されたようなので、結構大きい金額になるかも。
AEONでも TAX FREEの文字を見た気がします。

TAX FREEについての詳細はここ

[PR]

by kon_piro | 2015-08-01 18:21 | 日本での事 | Comments(2)

Commented by ask-evo at 2015-08-05 03:24 x
2回ほど免税で買い物しました。
カメラバッグとお土産のお菓子類を。

それと別なお店では免税手続きが面倒らしく、「税金額相当の割引でもいいですか?」ってケースもありましたw
税金と違って、店の収入減るわけだから、税金分儲けたというより、それだけまだ割引余力があったんだなぁ、と逆に悔しく思いましたが(笑)

で、いずれも免税購入の証明になる紙はパスポートに貼り付けてくれたので、税関通る時も何も気にしてませんでした。
しかも免税で買ったものの提示も求められなかったので、封を切ってもかばんの中にしまっておけば多分問題ないかと思います。

海外在住2年以上って、おそらくすでに2年ではなく、将来の予定も含めて、国内非居住者であることが必要なのだと思います。
自分の場合、レジデンスカードを出したら居住年数は問われなかったですね…
Commented by kon_piro at 2015-08-06 15:26
ask-evoさま>>あ!カメラバッグ!
今回レンズ買いましたが、きっと免税なりましたよね...(泣)

ん?店舗側がその手続きせずに値引きって。じゃ、値引きした上に、免税手続きも可能な価格設定って事ですよね(笑)

結構、ゆるーい制度なんだなって思って帰って来ました。まぁ、いちいちチェック出来る件数でもないでしょうし。
次回は気にして買い物しょうと思います。

海外在住2年以上の条件ですが、私たちの様にレジデンスカードあれば分りますが 駐在してる方の中には半年毎の更新と言う方が居たので、どうなのかな?と。ふと思ったんです。