カテゴリ:旅行〈廈門〉( 3 )

鼓浪嶼島(コロンス島)

最終日は廈門では有名らしい観光地、コロンス島へ。
租界時代には14ヶ国の領事館があったそう。日本領事館もありました。
洋館が多くて異国情緒溢れる光景で、ちゅー国って忘れるくらい。

d0252505_2321781.jpg
向こうに見える島がコロンス島。
交通手段はフェリー。約20分。島内は公共交通機関は一切なくて徒歩か電気自動車。
荷物の運搬等も人力で、リヤカーみたいな物でやっていました。

d0252505_23143353.jpg
島に上陸。ビーチもあり、ちゃぷちゃぷ楽しんでる方々も。

d0252505_18465973.jpg
緑が多くて歩くには気持ち良い。

d0252505_2318823.jpg
大きなガジュマルの木がいっぱい。廈門の木になってるそう。

d0252505_23185910.jpg
向こうに薄っすら見えるのが廈門島。

d0252505_2321314.jpg
緑の中に見えるのがいろんな洋館。

d0252505_23203438.jpg
オシャレなレストランやカフェも。

d0252505_23224832.jpg
お昼はここで。いろんな廈門の料理を少しずつ食べたいよねって。

d0252505_2323223.jpg
(左上)土笋凍。廈門名物らしい。細長い貝を寒天で固めたヤツ。コリコリして美味しい。
(右上)魚のすり身が入ったスープ。
(左下)酸辣湯の春雨入ったヤツ?酸っぱ辛い。
(右下)白灼草魚。茹でタコ。柔らかくて美味しい。
他にも、小ぶりのカキが入った卵焼き 海蛎煎。台湾の屋台名物らしい。
いろんな名物料理をオーダーしてくれて、お腹いっぱい。

d0252505_23243373.jpg
ここはドイツの元領事館?ホテルになってた。

d0252505_23261374.jpg
どこ行っても同じ(笑)ウェディングフォトの撮影。

d0252505_23275814.jpg
この辺はお土産屋がずらり。

帰ってよく見ると、大して写真撮ってないし。しかも肝心な所が皆無(^^;;
雨降りでそれどころでないのもあったけど、まず、リサーチしていかなかったのが失敗だな。
観光客もちゅー国人がほとんど。私も100%ちゅー国語で話しかけられたし。
分からないって言うと、あー⤵️って感じで返されて。
島内にはホテルもあるから、一泊してゆっくり散策した方がいいな〜。かと言って、もう一回来行くか?と言えば...自分からは、行かないかな〜。
でも、気持ちと時間に余裕があれば行くのもありかな〜。
イヤ、廈門でイヤな思いはひとつもしなかった。ま、ちゅー国人の彼女が一緒だから全部お任せ出来たのもあるけど。
空港で、イミグレでイヤな思いしたから。。。
国内、国際線ともdelayが当たり前...みたいなとこもあったし。
3日の記念式典があったから、尚更なのかもしれないけど。でも、以前広州行った時も1時間遅延あったしな。。。



でもでも、こうやって彼女たちに再会できたのは嬉しい。
やっぱ、ちゅー国人の女子も距離が近い(笑) 手が空けば繋いできて(^^;;
慣れてない私は戸惑ったけど、それでも近く感じてくれてる気がして嬉しかったな。
3日間お世話になりっぱなしで。 感謝感謝です^^
今度は、また海でね!ってお別れしてきました。どこの海で逢えるかな〜。
[PR]

by kon_piro | 2015-09-07 00:10 | 旅行〈廈門〉 | Comments(2)

火鍋と夜景

福建土楼見学からの帰路、渋滞にはまり廈門島まで また4時間近くかかって帰って来た~。

夕飯は初めての火鍋。
d0252505_3155098.jpg
お店の中は独特の香りがしてた。。。な。BGMは日本の古い歌謡曲が流れてたり。

d0252505_3171270.jpg
スープは二種類。きのこのスープと見るからに辛いスープ。
本当に辛いよ!と言われたけど、うん、大丈夫。
確かに辛くてみんなで鼻水ずるずるしながら食べたけど(笑)

d0252505_320828.jpg
牛の胃?って言ったかな。クセはなくて柔らかくて美味しかった。

d0252505_3202398.jpg
アヒルの喉、って言ってた。程よい歯ごたえで、これもクセなく食べられた。

他には普通に、きのこ、野菜、牛肉、凍み豆腐やじゃがいも。牛肉は臭みがあって硬くてイマイチだったな。あとは、美味しかった〜♪
青島ビールを飲みながら。あ、思ったより青島ビールって美味しくなかった。
なんか、過度に期待してたかしら?(笑)

お腹いっぱいになった所で、散歩しようと公園に。綺麗に整備されてて歩きやすい。
どこかみたいにバイクで入って来ないし。そもそも、あんまりバイク乗ってる人いなかったな。

d0252505_3301518.jpg


d0252505_3304667.jpg
向こうに見えるのが大陸と繋がる吊り橋。
初めてちゅー国人が設計した橋で、安全性が信用できなくて出来た頃は誰も渡らなかったそう。
しばらくして大丈夫な感じなので渡り始めたとか。そんなに信用されてないって(笑)
でも、台風や強風で大きく揺れる事がある時は通行止めになるとか。コワい・・

d0252505_331982.jpg
公園は海沿いにあって、そこにバーが並んでて洋楽がガンガン流れてる~。
フィリピン人が歌ってたり。
ガンガン流れてても、選曲のセンスが良いのか乗れちゃう曲ばかり♪

そんな曲を聴きながら散歩終了。暑くなく心地よい風が吹いてて気持ちよかった〜。
[PR]

by kon_piro | 2015-09-06 03:43 | 旅行〈廈門〉 | Comments(0)

福建土楼群

今回の連休はちゅー国の廈門(アモイ)へ。
廈門とは何処ぞや? 位置的には台湾の西にありました。
今年のテトにセブで出逢った方が住んでると言う廈門、なので行ってみました。
廈門には何があるのか、何が有名なのか?ググっても余り情報がなく...ただ、よく調べてないだけ... ほとんど下調べしないままに行ってしましました(^^;
ま、そもそも ちゅー国自体に興味がないから知らない…と言うこと。

連れて行って貰ったのが"福建土楼群" 世界遺産にもなっているんですね。

かつて、客家と呼ばれた人々が山岳地域に安住の地を求めて土楼を作ったとされている。
土楼とは...華北に住んでいた漢族が戦乱や自然災害を避けるため南下し、唐代末から宋代はじめにかけて福建省南東部などに安住を求めて、築き上げた要塞のような城壁に囲まれた建築物。
一番大きな土楼群までは遠いという事で、一番近い村に。
それでも車で片道4時間近くかかったけど(^^;


d0252505_1492014.jpg
円楼の全景。土楼は、客家の人々が暮らす集合住宅。
血縁関係のある家族や親族がみんなで暮らしている。

d0252505_2145214.jpg
d0252505_2151725.jpg
入口入ってすぐの土楼。春貴楼。

d0252505_2181680.jpg
d0252505_2184846.jpg
方楼に比べ円楼は死角が無く、また角部屋がないために、さらに一族間の序列意識を薄める意味でも重要だったと言われているそう。

d0252505_231675.jpg
d0252505_2201466.jpg

d0252505_220514.jpg
ここの土楼は1968年竣工。なので、まだ新しい。と言うか、そんな最近まで造られていたの???


d0252505_2282393.jpg
こちらは方楼。入って正面に神様(らしい)が祀られています。

d0252505_2333156.jpg
d0252505_2371964.jpg
井戸もありますが、水道が引かれてるので今は使ってない感じ。金魚みたいな魚がいたし。

d0252505_2335366.jpg
丸々した鶏。他に鴨やアヒルも内外で放し飼い。もちろん食用。
私たちもお昼ご飯に有難く頂きました。

d0252505_239537.jpg
こちらはホテルとレストラン。ホテルにはTVもエアコンもついています。
こんなホテルも何軒もあるようで、観光地化されてます。この日は生憎の雨で他に観光客はいなかったけど。

雨が降ったり止んだりで歩きにくかったので、軽く村を一周して終わり。
天気が良ければもっとじっくり見たかったかな。
その後、土楼群を一望できる所まで行こうとしたけど途中の村が雨で浸水していて行けないと。
ま、それは良いんだけど。その村の人達は大丈夫なのかしら?と、そちらの方が心配になった。


今回は思いもよらない世界遺産を見る事が出来て、まだまだ私には知らない世界がいっぱいだな〜なんて思ったり。。当たり前だけど(笑)
もっともっと興味を持ったら、いろんな楽しい事があるんだろうな〜。
でも、やっぱりちゅー国には興味ないかも(笑)






[PR]

by kon_piro | 2015-09-06 02:56 | 旅行〈廈門〉 | Comments(2)